酒田卓球協会のホームページへようこそ!      


   酒田卓球協会会長 宇野 直之

       ・山形県卓球協会 副会長
       ・日本卓球協会公認レフェリー
       ・国際審判員
会長 宇野 直之

平成28年度 ご挨拶
平成28年4月

 いつも酒田卓球協会のホームページにアクセス頂き、有難うございます。また、ホームページを通じて各種の大会にご出場頂いた皆様方に心より感謝申し上げます。

 平成28年度が開幕いたしました。

 5年前の本ページご挨拶で、新しい年度が東日本大震災の渦中に幕を開けたことに対する遺憾の意とお見舞いのメッセージを記載いたしましたが、不幸にして、今年度も熊本を中心とする被災地の皆様に同様のお見舞いを申し上げなくてはなりません。本当に辛くそして痛ましいことです。 
 去る4月17日に酒田卓球協会の総会を開催しましたが、その折も、開会に先立ち参加者一同が、熊本地震でお亡くなりになられた方々への哀悼の意を表し、黙祷を捧げさせて頂きました。一日も早い地震の鎮静化と復興をご祈念申し上げます。

 さて、今年度は役員改選期に当たり、総会においては新役員が、事業案・予算案共々、会員の皆様からご承認を頂き、盛会のうちに終了いたしました。
 総会とそれに続く懇親・交流の宴には、例年にないほどのご出席を賜ったことも大変嬉しいことであり、参加頂いた各位に対し、改めて心から御礼を申し上げます。

昨年度を振り返ってみて特筆すべきことは、酒田市で開催された全国ホープス北日本ブロック卓球大会が、山形県卓球協会のご指導の下、また地元会員の皆様の絶大な支えにより成功裏に終了できたことが挙げられます。数々の貴重な体験や感動を得ることが出来た成果の多い大会でした。
また愛知県で開催された全国教職員大会での2種目全国優勝をはじめ、小・中・高校生や社会人の皆さんの全国大会における活躍は、酒田卓球協会の歴史に残る快挙でした。

今年度は新たな顔ぶれの役員が各々の任についた初年度ということもあり、普及・登録に関わる研究の意味合いも加えた懸案の『普及委員会』を立ち上げ、以下のような項目を中心に活動や検討をしてゆくことになりました。
(1)スポーツ少年団や登録団体からの要請による指導者派遣の活動
(2)中学校卓球部に所属する初心者のための技術講習会の企画・運営
(3)酒田市民卓球教室(10/3〜12/5、全10回)の実施と運営組織の検討
(4)その他、普及や登録に関わる案件への取り組み

また来年度は酒田卓球協会創設70周年の年に当たります。今年度中に実行委員会を立ち上げ、準備にかかりたいと考えております。

私ども新役員一同、平成28・29両年度の各種事業を見越しながら、チームワークを大切にして進んで参りたいと思います。
会員の皆様そして卓球愛好者の皆様からは、昨年度まで同様、温かいご支援を頂けますようお願い申し上げながら年度初めのご挨拶といたします。
(平成28年4月)