日本卓球ルールに即した正規サービス講習会       2016.08.13 up

日時:8月7日
会場:国体記念体育館

 講師
 日本卓球協会上級公認審判員
 酒田卓球協会 審判部長
 土井 淳


平成28年度第31回ホープス卓球選手権大会(兼山形県ホープス卓球選手権大会地区予選会)
開会式終了後、酒田卓球協会少年少女部・審判部共催で日本卓球ルールに即した正規サービス 講習会を参加選手・指導者を対象に実施しました。

開催の趣旨は、近年の大会参加選手のサービスが正規サービスルールに基づいたものとかけ離れ 違反サービスが顕著に見受けられたことです。
そのために卓球を始めてまだ日の浅い小学生の段階から正規サービスをきちんと習得し、早い段階 で間違いを正し、技術向上につなげていただきたいと考えたからです。

選手本人と指導者が正しいサービスに関するルールを知ることが大切で、最新の卓球ルールブック 「1.6サービス」の文章と「正しいサービスとは?」を同じ紙面に印刷し全指導者・希望者に配布しました。

講習会終了後、ホープス個人戦を実施し、選手も指導者も正規サービスの意識をもって試合をした結果 違反サービスが減少した事が確認でき、大きな成果が得られました。



平成28年 8月7日
酒田卓球協会
少年少女部長 石黒 昌弘
審判部長   土井 淳


 講習会の様子








(掲載した写真の無断複製、転載を固くお断り致します)